阿部勘酒造店

メインメニュー_01.pngメインメニュー_01.pngメインメニュー_02.pngメインメニュー_02.pngメインメニュー_03.pngメインメニュー_03.pngメインメニュー_04.pngメインメニュー_04.pngメインメニュー_05.pngメインメニュー_05.png

店エントランス.jpg

阿部勘酒造店について

私ども阿部勘酒造店は、古くより塩竈神社のふもとに門を構え、商店を営んでおりました。
藩政期の塩竈は仙台藩主伊達氏の崇敬篤い塩竈神社の門前町として、また仙台の海の玄関口として諸税免除等の恩恵を受けながら大いに発展し、訪れる多くの旅人のために旅篭や歓楽街が神社の門前近くに軒を連ね、活況を呈していたといいます。
そして、享保元年(1716年)に伊達藩の命により酒造株を譲り受け、塩竈神社への御神酒御用酒屋として酒造りをはじめたのが創業と伝えられております。
現在も、酒造の安全祈願をし、塩竈神社、志波彦神社の御神酒を醸し、無事酒造時期が終わると新酒を奉納いたしております。

平成6年には道路拡幅事業に伴い蔵の一部が道路用地となり現在の新工場を新築するに至りました。仕込みの規模も小さく量産の出来ない蔵であるため高品質少量生産を念頭にかかげ酒造りに励んでおります。蔵の景観や設備が変わっても、酒造りに対する思いは創業当時より脈々と受け継がれております。
製造商品については代々、清酒製造業を主とし酒質の向上、品質管理の徹底に努めております。

現在製造しております清酒は、全量自社銘柄での販売を行っております。
宮城県産米を中心に原料米にこだわり、手間暇を掛けて丁寧な酒造りを心がけています。酒質は米の旨みがありながら後切れが良い、食べ物を食べながら飲み続けられる食中酒を目標とし、港町塩竈の食材を引き立たせることができるようなお酒でありたいと思っております。

仕込みの規模は小さいですが、うまい酒を造るのに蔵の大小は関係なく、小規模であるからこそ製造(仕込み)から製品出荷、そして販売後のお客様の反応まできめ細やかな管理と対応ができるものと考えております。
また、平成15酒造年度より新たな試みとして、焼酎乙類製造免許を取得し、本格焼酎の製造販売を開始いたしました。清酒製造の副産物である酒粕を原料とし、近年開発されました真空マイク口波加熱蒸留による手法を採用いたしております。
今までにない蒸留酒として今後の成長が期待される商品です。

お酒は楽しく飲むことが一番です。大切な方、気のおけない仲間とともに、または四季折々の肴で一杯も格別です。
ぜひ楽しいお酒ライフを過ごされますよう願っております。



名称
阿部勘酒造店
住所
985-0057 宮城県塩竈市西町 3-9
電話
TEL 022-362-0251 FAX 022-362-9668
Email
店主
阿部勘九郎(第14代)
創業
享保元年(1716年)